コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒキヨモギ Siphonostegia chinensis Benth.

世界大百科事典 第2版の解説

ヒキヨモギ【Siphonostegia chinensis Benth.】

低山地の草原に生えるゴマノハグサ科半寄生一年草(イラスト)。貧弱な根から直立する茎は,高さ30~70cm。葉は下部で対生上部で互生し,卵形で,広線形の裂片に深く裂け,長さ1.5~5cm,幅1~3cm,全体に短い毛がある。8~9月,上部の葉のわきに,鮮黄色で上唇下側が赤褐色の目だつ唇形花冠をもつ花をつける。花は筒状で,10本の縦条のある萼に包まれ,長さ2.8cm,上唇は左右に扁平な筒状で,先がとがる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒキヨモギ
ひきよもぎ / 蟇蓬
[学]Siphonostegia chinensis Benth.

ゴマノハグサ科の半寄生性の一年草。茎は直立し、高さ30~70センチメートル。葉は卵形で長さ1.5~5センチメートル、広線形の裂片に深く裂ける。初秋のころ、枝先の葉腋(ようえき)に黄色花を開く。花冠は唇形で長さ1~1.7センチメートル、上唇は鎌(かま)形で先はとがる。萼(がく)は筒状、10本の脈がある。低山の草地に生え、日本、および朝鮮半島、中国に分布する。近縁種オオヒキヨモギは全体に腺毛(せんもう)があり、花は灰黄色である。関東、中京地方、瀬戸内沿岸など、年降水量の少ない地方の林縁に生え、中国にも分布する。[山崎 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヒキヨモギの関連キーワード千年艾山崎艾擬

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android