コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒキヨモギ Siphonostegia chinensis Benth.

2件 の用語解説(ヒキヨモギの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヒキヨモギ【Siphonostegia chinensis Benth.】

低山地の草原に生えるゴマノハグサ科の半寄生の一年草(イラスト)。貧弱な根から直立する茎は,高さ30~70cm。葉は下部で対生,上部で互生し,卵形で,広線形の裂片に深く裂け,長さ1.5~5cm,幅1~3cm,全体に短い毛がある。8~9月,上部の葉のわきに,鮮黄色で上唇下側が赤褐色の目だつ唇形花冠をもつ花をつける。花は筒状で,10本の縦条のある萼に包まれ,長さ2.8cm,上唇は左右に扁平な筒状で,先がとがる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒキヨモギ
ひきよもぎ / 蟇蓬
[学]Siphonostegia chinensis Benth.

ゴマノハグサ科の半寄生性の一年草。茎は直立し、高さ30~70センチメートル。葉は卵形で長さ1.5~5センチメートル、広線形の裂片に深く裂ける。初秋のころ、枝先の葉腋(ようえき)に黄色花を開く。花冠は唇形で長さ1~1.7センチメートル、上唇は鎌(かま)形で先はとがる。萼(がく)は筒状、10本の脈がある。低山の草地に生え、日本、および朝鮮半島、中国に分布する。近縁種オオヒキヨモギは全体に腺毛(せんもう)があり、花は灰黄色である。関東、中京地方、瀬戸内沿岸など、年降水量の少ない地方の林縁に生え、中国にも分布する。[山崎 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒキヨモギの関連キーワード畦菜九蓋草鍬形草小米草胡麻の葉草紫蘇草引艾飯子菜塩竈菊四葉塩竈

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone