コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒシ科 ヒシかTrapaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒシ科
ヒシか
Trapaceae

双子葉植物フトモモ目の1科。かつてはアカバナ科に入れられたこともある。旧大陸暖温帯に分布する水草で,1属 (ヒシTrapa) 約 30種がユーラシアとアフリカに知られている。泥中に根をおろし,沈水葉は細く根状,浮水葉は円形ないし菱形で,太くふくらんだ長い柄の先につく。花は葉腋につき,萼片,花弁,おしべはともに4個。中央に角張っためしべがある。これが発達して生じる果実は四方にとげ状の角 (つの) をもった独特な形の「の実」をつくる。ヒシをはじめオニビシヒメビシなどが日本各地の池や沼に広く分布している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android