ヒッポダモス

世界大百科事典 第2版の解説

ヒッポダモス【Hippodamos】

前5世紀のミレトス出身のギリシア都市計画家。生没年不詳。ピレウス(前493ころ),ミレトス(前479ころ),トゥリオイ(前443),ロドス(前408ころ)などの都市計画に関与したといわれる。これらの都市では,市域内が聖域,公共地域,住居地域などに明確に区分され,直交道路によって整然とした街区割りがおこなわれた。後世,このような合理性,機能性を重視した都市計画を〈ヒッポダモス方式〉と呼んだ。この方式は古典期からヘレニズム時代のギリシア都市計画の基本となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android