コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒノナ

栄養・生化学辞典の解説

ヒノナ

 [Brassica campestris (rapitera group)].カブの変種.漬け物などにする.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ヒノナ

アブラナ科の一〜二年草。カブの一種であるが,根は細長く長さ20cm内外で上方が赤紫色をしている。葉は楕円形。滋賀県日野地方でとれたのでこの名があるが,最近は他府県でも栽培される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒノナ
ひのな / 日野菜
[学]Brassica rapa L. subsp. tokinashi Kitam. Var. akana Kitam.

アブラナ科の越年草で、カブの一系統。名は、原産地である滋賀県蒲生(がもう)郡日野にちなむ。根は直根で長さ約30センチメートル、上部約3分の1が紫赤色、下部は白色。根の横断面は中心部から放射状に紅色の線がある。葉柄および葉脈も紅色である。根を3センチメートルほどの短冊に切り、葉を刻んであくを抜いたものといっしょに塩漬けにしたものを「桜漬け」といい、鮮やかな桜色で美しく味もよい。[星川清親]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヒノナの関連キーワードBrassica campestris緋のかぶら漬けアブラナ科横断面近江菜日野蕪紫蕪菁桜漬け紅色紫菜扇菜紫菘赤菜

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android