コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒバリガイ ヒバリガイModiolus nipponicus; horse mussel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒバリガイ
Modiolus nipponicus; horse mussel

軟体動物門二枚貝綱イガイ科。殻長 4cm,殻高 2.7cm,殻幅 1.8cm。殻は薄質,卵三角形でふくらみ,前方へ狭くなるが,前縁は丸く,殻頂は前端近くにあり,後方へは広くなる。腹縁には狭い足糸開口があり,多少左へねじれる。靭帯は外在し,ややまっすぐな後背縁にある。殻表の前腹部は黒褐色で光沢があるが,広い後背部にはあらい枝分れした殻皮毛を生じ,後方ほど長く多い。内面は紫黒色で腹部を白く染め分けることもあり,真珠光沢が強い。歯を欠く。前筋痕は小さく,後筋痕は勾玉 (まがたま) 形。本州より九州の潮間帯下部の岩礁に足糸で付着し群生する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒバリガイ
ひばりがい / 雲雀貝
Japanese horse mussel
[学]Modiolus nipponicus

軟体動物門二枚貝イガイ科の二枚貝。陸奥(むつ)湾以南の日本全国のみならず、熱帯西太平洋の各地に分布し、潮間帯岩礁に足糸で固着している。殻長40ミリ、殻高27ミリ、殻幅18ミリぐらいに達する。丸みを帯びた三角形状で、後背縁はまっすぐになり、殻頂は前端よりわずかに後部に寄っている。殻表は前腹部は黄褐色で、後背部は黒褐色に色分けされている。殻皮は褐色、漆状の光沢があるが、後背部では黄色の毛状になっている。殻の内面は蒼白(そうはく)色で、光沢に富む。殻の前端には同じ科のクジャクガイ類にみられるような隔板はない。エゾヒバリガイM. modiolus difficilisは近縁の大形種で、殻長100ミリ、殻高70ミリぐらいに達する。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヒバリガイの関連キーワードカニモリガイエスカルゴトガリバガ(尖翅蛾)百万塔スライド小倉祇園太鼓富本銭(ふほんせん)青森・近野(ちかの)遺跡MDアサリ

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒバリガイの関連情報