コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメジョオン(姫女苑) ヒメジョオンErigeron annuus; sweet scabious

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒメジョオン(姫女苑)
ヒメジョオン
Erigeron annuus; sweet scabious

キク科の越年草。北アメリカの原産であるが,今日では全世界に雑草として広まり,日本でも荒れ地や路傍に普通に生える帰化植物となっている。茎は高さ 30~100cmで,あらい毛がある。葉は互生し,長さ6~12cmの長楕円形で薄い膜質,両面に毛がある。花は6月から秋まで次々と頭状花を散房状につける。頭花は径 2cmほどで,白色または淡紫紅色の舌状花と黄色の管状花から成る。単為生殖をする。日本の都会地では,あとから帰化してきた同属のハルジオン (春紫苑) のほうが優勢で,近頃ではこのヒメジョオンはむしろ郊外の休耕田などに多い。北アメリカでは結石の薬として利尿剤に用いられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヒメジョオン(姫女苑)の関連キーワードハルジオン(春紫苑)

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android