ヒメジョオン

百科事典マイペディアの解説

ヒメジョオン

キク科の二年草。北米原産の帰化植物路傍にはえる。全体に毛があり,はやや硬く直立し,高さ30〜100cm。葉は膜質となる。6〜10月,白色舌状花と黄色の筒状花からなる,径2cm内外の頭花を散房状に開く。全体にハルジオンに似るが,茎の中心部には髄がつまり,葉の基部は茎を抱かず,つぼみはうなだれない。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒメジョオン
ひめじょおん / 姫女苑
[学]Erigeron annuus (L.) Pers.

キク科の一年草または越年草。茎は直立し、高さ0.5~1.5メートル、長柄がある卵形の根出葉があるが、花期にはなくなる。茎葉は互生し、披針(ひしん)形または長楕円(ちょうだえん)形。茎、茎葉には毛がある。6~10月、茎上部に散房状花序をつくり、多数の頭花をつける。白色の舌状花と黄色の管状花がある。舌状花は2、3裂し、冠毛は短く、管状花の冠毛は長短両様ある。低地から山地に自生状態になっているが、明治初年ころ北アメリカから渡来した帰化植物である。本種によく似たハルジョオンE. philadelphicus L.は、茎は中空、花期は1か月ほど早く、頭花は開花前は下を向く。本種同様、北アメリカ原産の帰化植物である。[小山博滋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android