ハルジオン(春紫苑)(読み)ハルジオン(英語表記)Erigeron philadelphicus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハルジオン(春紫苑)
ハルジオン
Erigeron philadelphicus

キク科の越年草で,北アメリカ原産。昭和に入ってから東京付近を中心に帰化して雑草となり,現在は関東平野をはじめ各地の都会地周辺にみられる。東京都内では同じ帰化植物で侵入の歴史の古いヒメジョオン (姫女苑) よりも優勢で,このハルジオンのほうが普通にみられるようになった。ロゼットをなして越冬し,春に高さ 10~30cmの茎を伸ばす。茎葉はへら形で茎部が耳のようになる特徴がある。花期は4~5月でヒメジョオンよりもかなり早く,またつぼみのときに首が曲って下向きになっていることと,舌状花が淡紅色を帯びる点もヒメジョオンとは異なる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カメラを止めるな!

日本のインディーズ映画。海外版タイトルは「ONE CUT OF THE DEAD」。ゾンビサバイバル映画を撮影する自主映画撮影隊と、その製作の裏側を、異色の構成と緻密な脚本で描く。監督・脚本は上田慎一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android