コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハルジオン(春紫苑) ハルジオンErigeron philadelphicus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハルジオン(春紫苑)
ハルジオン
Erigeron philadelphicus

キク科の越年草で,北アメリカ原産。昭和に入ってから東京付近を中心に帰化して雑草となり,現在は関東平野をはじめ各地の都会地周辺にみられる。東京都内では同じ帰化植物で侵入の歴史の古いヒメジョオン (姫女苑) よりも優勢で,このハルジオンのほうが普通にみられるようになった。ロゼットをなして越冬し,春に高さ 10~30cmの茎を伸ばす。茎葉はへら形で茎部が耳のようになる特徴がある。花期は4~5月でヒメジョオンよりもかなり早く,またつぼみのときに首が曲って下向きになっていることと,舌状花が淡紅色を帯びる点もヒメジョオンとは異なる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハルジオン(春紫苑)の関連キーワードヒメジョオン(姫女苑)ハルジョオン

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android