コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメビシ

2件 の用語解説(ヒメビシの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ヒメビシ

ヒシ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒメビシ
ひめびし / 姫菱
[学]Trapa incisa Sieb. et Zucc.

ヒシ科の一年生水草。同属のヒシに比べ小形で、茎は非常に細く、葉は径1~2センチメートル。葉裏にすこし毛があるほかは、葉柄、花柄、茎とも無毛。7~10月、径6~8ミリメートルの白色または淡紅色の花を開く。萼片(がくへん)4枚は果時に刺(とげ)となる。北海道から九州、および朝鮮半島、中国大陸東北部、台湾に分布する。[小林純子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のヒメビシの言及

【ヒシ(菱)】より

…中国では果実を熱さましなどに用いる。ヒメビシT.incisa Sieb.et Zucc.やオニビシT.natans L.var.japonica Nakaiは萼片が4枚とも残り,とげとなる。ヒメビシは実,植物体ともにヒシより小型,オニビシの実は大型である。…

※「ヒメビシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone