コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメリンゴ Chinese crab apple

1件 の用語解説(ヒメリンゴの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヒメリンゴ【Chinese crab apple】

カイドウに似たバラ科の落葉小高木。幹は高さ10mほどになり,若い枝や葉には軟毛がある。花は春,短枝に数花が散房状につき,5弁で,つぼみは紅色,開花すると白色になり,径3.5~5cmほど,花径とほぼ等長の有毛の花梗を有する。果実は球形で,径2~2.5cmと名まえのように小さく,先端部はリンゴのようにへこむことがない。イヌリンゴとも呼ばれる。中国大陸原産で,日本では盆栽などに利用されるが,耐寒性は強く,シベリアでの耐寒性リンゴの品種育成の交配親に用いられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒメリンゴの関連情報