コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒュブリス hybris

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒュブリス
hybris

ギリシア語で傲慢を意味する。他人の権利を侵し,神々の力を侮ることで,ホメロス以来人間がこのように自己の分限をこえることが神々の怒りを招くとされ,悲劇詩人,歴史家では,そこに人間の破滅一因が求められた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ヒュブリス(〈ギリシャ〉hybris)

傲慢(ごうまん)。自分を過信し、思い上がること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ヒュブリス【hybris】

古代ギリシア倫理思想の根底をなす概念で,しばしば〈傲慢(ごうまん)〉と訳される。アイドスaidōs(〈慎しみ〉),ソフロシュネsōphrosynē(〈節制〉),メトロンmetron(〈則(のり)〉)などの反対概念。思いどおりに事が運んで繁栄の極みにある人間が,幸運に酔いしれ,あるいはみずからの力を過信して,ときには神々に対してさえ示す思い上がった言動,それがヒュブリスで,こうした人間の分をわきまえぬ傲(おご)りや昂(たかぶ)りは,かならずや天罰(ネメシス)を招き,人を破滅させずにはおかないものと考えられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ヒュブリスの関連キーワードギリシア語

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android