コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒュブリス ヒュブリス hybris

3件 の用語解説(ヒュブリスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒュブリス
ヒュブリス
hybris

ギリシア語で傲慢を意味する。他人の権利を侵し,神々の力を侮ることで,ホメロス以来人間がこのように自己の分限をこえることが神々の怒りを招くとされ,悲劇詩人,歴史家では,そこに人間の破滅の一因が求められた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ヒュブリス(〈ギリシャ〉hybris)

傲慢(ごうまん)。自分を過信し、思い上がること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ヒュブリス【hybris】

古代ギリシア倫理思想の根底をなす概念で,しばしば〈傲慢(ごうまん)〉と訳される。アイドスaidōs(〈慎しみ〉),ソフロシュネsōphrosynē(〈節制〉),メトロンmetron(〈則(のり)〉)などの反対概念。思いどおりに事が運んで繁栄の極みにある人間が,幸運に酔いしれ,あるいはみずからの力を過信して,ときには神々に対してさえ示す思い上がった言動,それがヒュブリスで,こうした人間の分をわきまえぬ傲(おご)りや昂(たかぶ)りは,かならずや天罰(ネメシス)を招き,人を破滅させずにはおかないものと考えられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒュブリスの関連キーワード哲学ギリシャ語ギリシャ文字天理人欲ピュシスギリシア喜劇岩田靖夫ギリシア科学《古代ギリシア作家叢書》古代ギリシア文字譜

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒュブリスの関連情報