コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

傲慢 ごうまんorgueil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

傲慢
ごうまん
orgueil

他者に対して優越を覚えるほどの自己満足の状態を意味するが,特にパスカルにおいて,自分のみじめさという人間本来の状態に無知であることとして重視された。彼のキリスト教護教論における唯一の救いへの道は,キリスト者としての道に従うことであるが,無信仰者がいかに無為,怠惰を克服してもに陥ると説いた。また理性が真理の最高なるものは別の次元に存することを知らずに,機械的な推論による真理の所有で満足すると傲慢に陥ると説いた。 (→ヒュブリス )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ごう‐まん〔ガウ‐〕【傲慢】

[名・形動]おごりたかぶって人を見くだすこと。また、そのさま。「傲慢な態度」「傲慢無礼」
[派生]ごうまんさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごうまん【傲慢】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
思い上がって横柄なこと。人を見下して礼を欠くこと。また、そのさま。不遜。 「 -な態度」 「 -にうそぶく」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の傲慢の言及

【ヒュブリス】より

…古代ギリシア倫理思想の根底をなす概念で,しばしば〈傲慢(ごうまん)〉と訳される。アイドスaidōs(〈慎しみ〉),ソフロシュネsōphrosynē(〈節制〉),メトロンmetron(〈則(のり)〉)などの反対概念。…

※「傲慢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

傲慢の関連キーワードダーバービル家のテスルドルフ・ターキーコンラート(3世)自己愛性人格障害コンラート3世面で人を切るウェルフ6世アンソランス面で人をきる目八分に見る清水正令の妻バベルの塔神々は渇く華飾・花色威高・居高ロミュラン権高・見高アロガンス高腰を掛く七つの大罪

傲慢の関連情報