コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒーガー ヒーガー Heeger, Alan

2件 の用語解説(ヒーガーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒーガー
ヒーガー
Heeger, Alan

[生]1936.1.22. アイオワスーシティー
アメリカ物理学者。 1961年カリフォルニア大学バークリー校で物理学博士号を取得。 82年カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授および同大学高分子・有機固体研究所所長に就任。 88年にユタ大学で物理学の准教授を兼務し,99年にはみずから創設した UNIAX社の主任研究員となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒーガー
ひーがー
Alan J. Heeger
(1936― )

アメリカの物理学者。アイオワ州スーオク市に生まれる。ネブラスカ大学で物理学と数学を専攻し、カリフォルニア大学バークリー校に進学。理論物理を志すが、教授の勧めで実験物理を学び、1961年物理学で博士号を取得。1962年ペンシルベニア大学准教授、1967年同教授を経て、1982年からカリフォルニア大学サンタ・バーバラ校教授となる。
 物性物理の分野から研究をはじめ、1975年に同じくペンシルベニア大学の化学教授A・マクダイアミッドと高分子硫化窒素(SN)Xの金属的性質についての共同研究を始める。1976年に東京工業大学の白川英樹が、伝導性を有する新しいポリアセチレンをもってマクダイアミッドグループに参入し、物理学的にその伝導性の研究を行った。1977年、伝導性をもつポリアセチレンを開発し、その功績により無機化学者であるマクダイアミッドと有機化学者である白川とともに2000年のノーベル化学賞を受賞した。物理学と化学の境界を越えた新たな研究分野の確立に至った功績は非常に大きく、その後も半導体ポリマーや、ポリマーLEDなど新たな素材をテーマに研究を続けている。[馬場錬成]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒーガーの関連キーワードアイオロス汚穢アイオワ間紙相老アイオライト臭わすあいお海眺の宿 あいお荘アイオワ[州]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone