コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビスコチル ビスコチル Vyskocil, Ivan

2件 の用語解説(ビスコチルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビスコチル
ビスコチル
Vyskocil, Ivan

[生]1929.4.29. プラハ
チェコの小説家,俳優。作品は SF的色彩が強い。短編集『とはいえ飛ぶのはやさしい』 Vzdyt' přece létat je snadné (1964) ,『骨』 Kosti (66) など。放送劇にも手を染め,代表作『ウービツェへの道』 Cesta do Ubicがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビスコチル
びすこちる
Ivan Vyskoil
(1929― )

チェコの俳優で短編作家。プラハ生まれ。演劇と心理学・教育学の2分野を学び、一時教師として大学に戻ったが、以後俳優として働き、同時に短編を書き始めた。代表作にはSF的短編集『とはいえ飛ぶのは易(やさ)しい』(1964)がある。言語、作品、舞台で多くの実験的な試みを実践してきた演劇人で、1958~62年には「ナ・ザーブラドリー」劇場の設立に協力、60年代には「悲劇場」を主宰した。社会主義時代に当時のノボトニー大統領を揶揄(やゆ)した『ウービツェへの旅』などの戯曲がある。「ビロード革命」(1989年の共産党政権崩壊)後、ふたたび演劇の指導にあたっている。[千野栄一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビスコチルの関連キーワードプラハ学派プラハのオルロイコーリャ/愛のプラハプラハ室内管弦楽団プラハテレビタワープラハ・フィルハーモニアプラハマラソンラプラスの継続の法則ラプラスの連続の法則

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone