コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビタース

百科事典マイペディアの解説

ビタース

ビターとも。苦味剤を配合した洋酒。一般にはリキュールのうち苦味の強いものを称し,食前酒とすることが多い。苦味剤にはジエンチアン(リンドウ),オレンジピール(柑橘(かんきつ)の皮),キニーネなどを用いる。
→関連項目カクテル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビタース【bitters】

苦味剤の意で,苦みと芳香をもつリキュールの一種。ビターと単数形で呼ぶことも多い。最もよく使われるのはアンゴスチュラビターとオレンジビターで,ともにカクテルなどの香味づけに用いられる。アンゴスチュラビターは,ベネズエラなどの独立戦争のさい解放軍の軍医であったJ.G.B.シーガートが健胃剤として研究,1828年オリノコ河畔のアンゴスチュラAngostura(現シウダド・ボリバル)で完成したためこの名がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ビタースの関連キーワードマンハッタン(カクテル)ガンフリント生物群ビタースイートカクテルの用語ベルモット藤原邦章川奈龍平ビターズマテニーカンパリ

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android