食前酒(読み)しょくぜんしゅ

日本大百科全書(ニッポニカ)「食前酒」の解説

食前酒
しょくぜんしゅ

アペリチフといい、食欲増進用に食前に飲む酒類。ワイン系のものとスピリッツ系のものに大別される。前者は炭酸ガスを含んだドライなシャンパン、特有な風味のドライシェリー、またはいろいろな生薬(しょうやく)や蜂蜜(はちみつ)など強壮剤的なものを加えたワイン、たとえばベルモット、デュボネ、ビイル、リレなどが有名。後者にはアニス、ニガヨモギ、キニーネなどの植物を浸出してつくるアブサン、アニゼット、カンパリ、アメール・ピコンや苦味のとくに強いビターズなどのリキュールがある。これらは炭酸水や水で割って飲まれる。

[秋山裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「食前酒」の解説

しょくぜん‐しゅ【食前酒】

〘名〙 食欲を増進させるために食事の前に飲む酒。アペリチフ。
※おしゃれ案内(1956)〈マダム・マサコ〉六「ジャン・コクトウがこの枯葉色のシャツでアペリティフ(食前酒)を飲んでいました」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

飲み物がわかる辞典「食前酒」の解説

しょくぜんしゅ【食前酒】


食事の前に飲む酒。シャンパン、カクテル類、辛口シェリーなどを用いる。食欲を促す働きがある。⇔食後酒◇「アペリティフ」ともいう。

出典 講談社飲み物がわかる辞典について 情報

世界大百科事典内の食前酒の言及

【アペリチフ】より

…食欲増進剤の意であるが,一般には食前酒をさす。ふつうワイン系のものとスピリッツ系のものが用いられる。…

※「食前酒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

受託収賄罪

公務員が,職務に関する請託を受け,これを了承したうえで賄賂を受取ったり,要求,約束したりした場合に成立する犯罪。請託のない場合は単純収賄となり,法定刑が5年以下の懲役であるのに対し,請託のあったことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android