食前酒(読み)ショクゼンシュ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

食前酒
しょくぜんしゅ

アペリチフといい、食欲増進用に食前に飲む酒類。ワイン系のものとスピリッツ系のものに大別される。前者は炭酸ガスを含んだドライなシャンパン、特有な風味のドライシェリー、またはいろいろな生薬(しょうやく)や蜂蜜(はちみつ)など強壮剤的なものを加えたワイン、たとえばベルモット、デュボネ、ビイル、リレなどが有名。後者にはアニス、ニガヨモギ、キニーネなどの植物を浸出してつくるアブサン、アニゼット、カンパリ、アメール・ピコンや苦味のとくに強いビターズなどのリキュールがある。これらは炭酸水や水で割って飲まれる。[秋山裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の食前酒の言及

【アペリチフ】より

…食欲増進剤の意であるが,一般には食前酒をさす。ふつうワイン系のものとスピリッツ系のものが用いられる。…

※「食前酒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

食前酒の関連情報