コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビニル化 ビニルかvinylation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビニル化
ビニルか
vinylation

活性水素をもつ化合物にアセチレンもしくはアセチレン誘導体を反応させて,ビニル基 RCH=CH- を導入する反応。 1930年代からドイツの W.レッペにより研究が始められた。多くの反応例が知られているが,特にアルコールもしくはフェノールとの加圧下で行われる反応では,合成樹脂や医薬の原料として利用されるものが多く生成され,工業的に非常に重要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビニルか【ビニル化 vinylation】

有機化合物分子にアルケニル基-CH=CHRを導入する反応の総称。R=Hの場合だけ,すなわち-CH=CH2をビニル基というので,R≠Hの場合についてもビニル化と呼ぶのは厳密には正しくないが慣用的にこの場合でもビニル化と呼ばれている。アルケニル基が酸素,窒素,硫黄のようなヘテロ原子と結合する場合をヘテロビニル化,炭素原子と結合する場合を炭素ビニル化(C‐ビニル化)と呼ぶ。例を表に示す。【友田 修司】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビニル化
びにるか
vinylation

アルコール、アミン、フェノールなどにビニル基CH2=CH-を導入する反応をいう。ビニル化で得られた化合物は、たとえば、N-ビニルカルバゾールの重合体、ポリ(N-ビニルカルバゾール)は光電子材料の一つとして利用される。N-ビニルカルバゾールは、たとえば、カルバゾールにアルカリ触媒の存在下でアセチレンを作用させるか、あるいはカルバゾールのカリウム塩に酸化エチレンを作用させて生成するN-(2-ヒドロキシエチル)カルバゾールを脱水して合成される。[徳丸克己]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ビニル化の関連キーワードペルオキソ硫酸アンモニウム不飽和ポリエステル樹脂メタクリル酸メチル立体規則性重合体ビニルエーテルビニルエステルラジカル重合ビニル化合物メタクリル酸セルロイドイオン重合ビニル樹脂ビニル重合レッペ反応ビニル繊維環化重合テロマー乳化重合付加反応単量体

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android