コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビュルツブルク司教館 ビュルツブルクシキョウカン

デジタル大辞泉の解説

ビュルツブルク‐しきょうかん〔‐シケウクワン〕【ビュルツブルク司教館】

Würzburger Residenz》ドイツ中部、バイエルン州の都市、ビュルツブルクにある大司教の宮殿(レジデンツ)。大司教ヨハン=フィリップ=フランツの宮殿として、ドイツの建築家バルタザール=ノイマンの設計により、1720年から1744年にかけて建造された。イタリアの画家ジョバンニ=バティスタ=ティエポロの巨大なフレスコ天井画がある。代表的なバロック建築として知られ、庭園や広場を含め、1981年に「ビュルツブルク司教館、その庭園群と広場」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。ウュルツブルク司教館

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ビュルツブルク司教館【ビュルツブルクしきょうかん】

ドイツのビュルツブルクにあるドイツ後期バロック・ロココの代表的建築。J.B.ノイマンの設計により,1744年ほぼ完成。イタリア後期バロックの影響が強い。ティエポロの寓意(ぐうい)的な天井画もロココ絵画の傑作として知られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ビュルツブルク司教館の関連キーワードウュルツブルク司教館

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android