コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビンガムトン Binghamton

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビンガムトン
Binghamton

アメリカ合衆国,ニューヨーク州中南部の都市。ペンシルバニア州との州境に位置する。隣接するジョンソンシティーエンディコットとともに連接都市を形成。 1787年入植。 1837年エリー運河に通じるチェナンゴ運河が完成,また 51年にはエリー鉄道の開発によって工業都市として発展した。電子機器,靴,繊維,カメラ,フィルム,食品などの多種の工業が行われる。またニューヨーク市へは多量の牛乳を移出する。人口5万 3008 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビンガムトン
びんがむとん
Binghamton

アメリカ合衆国、ニューヨーク州南部の都市。人口4万7380(2000)。エンディコットEndicott(人口1万3038、2000)、ジョンソン・シティJohnson City(人口1万5535、2000)とで形成する三つ子都市の中心都市で、靴の製造が有名である。そのほか、電子機器、カメラ、フィルム、航空機部品などの工業が発達している。1787年に町が開かれ、1837年シェナンゴ運河の開通や鉄道の建設で発展、67年より市制が施行された。ニューヨーク州立大学ビンガムトン校(1946創立、50ニューヨーク州立大に合併)の所在地でもある。シェナンゴ峡谷州立公園がある。[作野和世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ビンガムトンの関連キーワードマイク クールボーウォーラーステインエリック ミランリースマン

ビンガムトンの関連情報