コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビンガム流動 ビンガムりゅうどうBingham flow

岩石学辞典の解説

ビンガム流動

ビンガム流動は降伏値をもつ物質の特別な場合で,次の式で表される.
 r-f=ηplD
r:ずれ応力,f:降伏応力,D:ずれ速度,ηpl:塑性粘度(plastic viscosity)と呼ばれる物質特有の定数.降伏値までは弾性的に変形し,この値を超えるとニュートン液体のように流動性を示すようになる.降伏値をもつニュートン液体と見なすことができて,このような振舞をする例にはペイント,練り歯磨き,バター,石鹸,水で溶いたセメントなどのような物質があり,圧力を加えて管の中を輸送する場合に,流れの周囲だけが変形して管の中心部が流動しないで栓のような形状で固まったままで押し流される場合がある.非ニュートン粘性の一つである.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

法則の辞典の解説

ビンガム流動【Bingham flow】

剪断応力がある限界値に達するまえは流れが生じないが,その値を超すと,剪断歪み速度に比例した剪断応力が付加されるような流体の動きをいう.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

ビンガム流動の関連キーワード剪断応力

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android