ビーカネル(英語表記)Bīkaner

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビーカネル
Bīkaner

インド北西部,ラージャスターン州北西部,タール砂漠にあるオアシス都市。ビーカネル県の行政庁所在地。古くから隊商路の要衝。 1488年からラージプートの主要国の一つビーカネル藩王国の首都となり,ラージプート絵画の中心地として知られた。市街は周囲 5.5km,高さ5~10mの城壁に囲まれ,旧藩王の宮殿には,ラージプート絵画の膨大なコレクションがある。同州西部の交通の要衝で,畜産品,穀物などの集散地。象牙,金,真鍮の細工と,織布,染色などが行われる。人口 41万 5335 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android