コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビーカーネール

世界大百科事典 第2版の解説

ビーカーネール【Bikaner】

インド北西部,ラージャスターン州北西端のタール砂漠中の都市。人口41万6000(1991)。1488年にラージプート族のラーオー・ビーカジーによって建設され,地名は彼にちなむ。イギリス領時代にも同名の藩王国の首都として存続。市壁に囲まれた旧市の北に接して16世紀末に建設された城塞があり,郊外には旧藩王宮殿ラール・ガールがある。周辺はラクダ,羊の遊牧地帯で,良質の羊毛の集散地,またそれを加工したじゅうたん,ショールのほか象牙細工,宝石加工,皮製品などの伝統工業で名高い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ビーカーネールの関連キーワードラーオー・ビーカジービカネール

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android