コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビーカーネール

2件 の用語解説(ビーカーネールの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ビーカーネール

インド北西部,ラージャスターン州北部,タール砂漠中最大のオアシス都市。かつて同名の藩王国の主都。城塞に囲まれ,寺院,宮殿がある。1488年ラージプートが創設。じゅうたん,毛布の特産地。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビーカーネール【Bikaner】

インド北西部,ラージャスターン州北西端のタール砂漠中の都市。人口41万6000(1991)。1488年にラージプート族のラーオー・ビーカジーによって建設され,地名は彼にちなむ。イギリス領時代にも同名の藩王国の首都として存続。市壁に囲まれた旧市の北に接して16世紀末に建設された城塞があり,郊外には旧藩王宮殿ラール・ガールがある。周辺はラクダ,羊の遊牧地帯で,良質の羊毛の集散地,またそれを加工したじゅうたん,ショールのほか象牙細工,宝石加工,皮製品などの伝統工業で名高い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone