コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビーブル・モラリゼ Bible moralisée

1件 の用語解説(ビーブル・モラリゼの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ビーブル・モラリゼ【Bible moralisée】

13世紀にフランスで編纂(へんさん)された図解注釈旧・新約聖書。5000枚以上にのぼる象徴的絵図だけで構成される。中世大聖堂のステンド・グラスや浮彫にはみられない精緻な図像大系を示し,旧・新約聖書の各節はすべて寓意的に解釈されている。たとえば〈天地創造〉では,神がつくり出した地をはう爬虫類,天をあおぐ鳥,小魚をくらう大魚,の図柄の対として,耕作する農夫,聖職者,玉座の王が描かれている。両図は一見無縁に見えるが,実はおのおの,大地の〈活動者〉〈瞑想者〉〈現世の権力者〉という相関関係において解釈図示されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone