ビーブル・モラリゼ(英語表記)Bible moralisée

世界大百科事典 第2版の解説

ビーブル・モラリゼ【Bible moralisée】

13世紀にフランスで編纂(へんさん)された図解注釈旧・新約聖書。5000枚以上にのぼる象徴的絵図だけで構成される。中世大聖堂のステンド・グラスや浮彫にはみられない精緻な図像大系を示し,旧・新約聖書の各節はすべて寓意的に解釈されている。たとえば〈天地創造〉では,神がつくり出した地をはう爬虫類,天をあおぐ鳥,小魚をくらう大魚,の図柄の対として,耕作する農夫,聖職者,玉座の王が描かれている。両図は一見無縁に見えるが,実はおのおの,大地の〈活動者〉〈瞑想者〉〈現世の権力者〉という相関関係において解釈図示されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android