コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピアンキ ピアンキ Piankhi

2件 の用語解説(ピアンキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピアンキ
ピアンキ
Piankhi

クシュ王 (在位前 751頃~前 716頃) ,古代エジプト第 25王朝初代の王。パンキとも呼ばれる。古代エジプトの第 23王朝が名目的な支配をしていた当時,ヌビアにあるナイル河畔のナパタを首都として,クシュの君主の地位にあった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ピアンキ【Piankhi】

ナイル川中流第4急湍(きゆうたん)のすぐ北のナパタを都としたナパタ王国第2代の王(前8世紀後半)。ピPiまたはペイPeiともいう。北上してエジプトを侵略,ヘラクレオポリス付近までを制圧し,第23王朝の王オソルコン3世をはじめ下エジプトの諸侯たちも一時王に朝貢した。ナパタに凱旋後建てた記念碑は王の親征の模様をつぶさに伝えている。テーベアメン神に対する信仰あつく,妹で妻であったアメナルディスがテーベの女性神官長となるように計らい,この神とその神託にもとづく神裁政治を敷き,またナパタでもその神殿を造営した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ピアンキの関連キーワードナパタ机右急湍熊胆嬉遊オシレイオントトメス[3世]希雄人見璣邑ナイル・サハラ語族

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ピアンキの関連情報