コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピコン ピコン Picon, Gaëtan

2件 の用語解説(ピコンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピコン
ピコン
Picon, Gaëtan

[生]1915
[没]1976
フランスの批評家。主著『現代フランス文学の展望』 Panorama de la nouvelle littérature française (1950) ,『読書の実践』L'Usage de la lecture (60) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピコン
ぴこん
Gatan Picon
(1915―1976)

フランスの批評家。ボルドーの生まれ。出世作『フランス新文学展望』Panorama de la nouvelle littrature franaise(1950)の視野の広さと的確な判断力は、その後の文学、美術の批評活動でみごとな開花を示す。7年間にわたり文部省文芸局長(1959~66)を務める。代表的著作に『作家とその影』(1953)、優れたプルースト論を含む評論集『読書の運用』三巻(1960、61、63)、『アングル』(1967)、『真実と神話』(1979)、小説『孤独の場』(1968)など。[清水 徹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピコンの関連キーワード階乗NエヌN末端残基Bel Geddes,N.Diaz de la Peña,N.Gerhaert van Leyden,N.Jānībeg KhānJānībek KhānPoliteia tōn Romaiōn

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ピコンの関連情報