コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピトレ Giuseppe Pitrè

世界大百科事典 第2版の解説

ピトレ【Giuseppe Pitrè】

1841‐1916
イタリアの民俗学者。シチリア島パレルモで船員の息子として生まれた。幼いころに育てられた乳母アガトゥッツァ・メッシーアAgatuzza Messiaが巧みな民話の語り手であったため,後年,彼女の口から多量の採話を行った。青年時代には,1860年に,ガリバルディ遠征隊に加わって,ナポリまで赴いた。医学を志したが,学生時代から《現代人物評伝》(1864)を著したり,民族学者デ・グベルナーティスAngelo De Gubernatisの研究誌《イタリア文明》に寄稿したり,歴史学文献学,文学など,さまざまな分野に関心を抱いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のピトレの言及

【イタリア文学】より

…しかもベルガにいたって初めて,イタリア文学は最下層の民衆を文学の世界に写しだしたのである。これにほぼ前後して,同じくシチリア島パレルモに住む医師G.ピトレが民話を採集し,民俗学を興して,最も貧しい文盲の人びとの心の奥に科学の光を当て,《シチリア民間伝承文庫》25巻(1871‐1913)を著した。しかしながら,このように社会の暗部を明るみに出して,デル・ベーロ(真実)を描きだそうとめざした〈ベリズモ(真実主義)〉も,ベルガ以後は文学的深化を遂げずに,単なる地方主義文学へと解消してしまった。…

【シチリア[島]】より

… シチリアにはギリシア,アラブ,ノルマンなどの諸民族にゆかりの遺跡,建築物,美術品が多く残っており,自然の景観も変化に富んでいる。島民の日常生活と結びついた豊かな民俗文化については,《シチリア民間伝承叢書》25巻(1870‐1913)を著したG.ピトレをはじめ,彼と同時代のサロモーネ・マリーノSalvatore Salomone Marino(1847‐1916),さらにコッキアーラGiuseppe Cocchiara(1904‐65)らすぐれた民俗学者の手によって収集・研究され,パレルモのピトレ民俗博物館にその成果が収められている。シチリア王国【北原 敦】
[文学]
 18世紀までのイタリア文学は韻文作品が主流を占め,ダンテ,ペトラルカ以来,ロマン主義の小説家マンゾーニに至るまで,トスカナ地方の文章語を母体とする詩的伝統が重んじられてきた。…

※「ピトレ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ピトレの関連キーワードロマン主義美術バソプレッシングアム動物園コッキアーラ腎性尿崩症ピトレスクメソニエ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android