コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピリピ人への手紙(読み)ピリピびとへのてがみ(英語表記)Pros Philippēsious; The Letter to the Philippians

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピリピ人への手紙
ピリピびとへのてがみ
Pros Philippēsious; The Letter to the Philippians

ピリピ書』ともいう。新約聖書中の一書,ピリピ人の教会にあてたパウロ獄中書簡マケドニアのピリピはヨーロッパにおいてパウロが教会を建設した最初の町で,パウロは特にこの町のキリスト教徒に親近感をもち,「おのれをむなしうして僕 (しもべ) のかたちをとり人間の姿となり」 (2・7) ,「十字架の死にいたるまで従順であった」 (8章) キリストへの信仰を彼らとともに喜び,ともに福音にあずかっていることを感謝しつつ,一つの心となって福音信仰のために戦うように説いている。獄中書簡であるにもかかわらず信仰による義への確信が一層強く,キリストの再臨とみずから復活を願う信仰の喜びにあふれているところから『喜びの書簡』と呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ピリピびとへのてがみ【ピリピ人への手紙 Letter of Paul to the Philippians】

パウロが,第2伝道旅行に際して建てたピリピ(フィリッピ)の教会にあてて書いた手紙。第3章以外は第3伝道旅行のときエペソ(エフェソス)で獄中にあって書いたと思われる。この手紙で彼は主としてキリスト者の生の喜びを説いている。また,獄中の自分を取り巻く状況,とくに入獄によって福音がいっそう人々に伝えられるに至ったことを報告し,相手方にも信仰を守り,謙虚に生きることを勧める。全体を通して,彼と教会との温かい関係がただよっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のピリピ人への手紙の言及

【パウロ】より

…ギリシア語ではパウロスPaulos。
[資料]
 新約聖書中に彼の書いたとされる手紙が13収められているが,そのうち確実に彼のものと思われるものは,《ローマ人への手紙》,《コリント人への手紙》(第1,第2),《ガラテヤ人への手紙》,《ピリピ人への手紙》,《テサロニケ人への手紙》(第1),および《ピレモンへの手紙》の合計7である。《使徒行伝》の後半はパウロを中心にして書かれているが,必ずしも客観性を志した叙述ではない。…

※「ピリピ人への手紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android