フィリッピ(英語表記)Philippi; Philippoi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィリッピ
Philippi; Philippoi

ギリシア北東部にある,古代マケドニア王国時代に建設された都市。古代ギリシア名ピリッポイ。今日の名称はフィリッポイで,都市カバラの一部をなす。前356年マケドニアフィリッポス2世が近くの金鉱を支配するために城塞化し,その名にちなんで命名された。古くからトラキア人が居住し,エグナチア街道が縦断する。前42年マルクスアントニウスとガイウス・ユリウス・カエサル・オクタウィアヌス(→アウグスツス)がこの町でマルクス・ユニウス・ブルーツス,ガイウス・カッシウスロンギヌスを破り(→フィリッピの戦い),ローマの植民地(コロニア)とし,中世まで繁栄した。また 1世紀半ばにはパウロキリスト教のヨーロッパ宣教のために行なった第2次,第3次伝道旅行の途次に訪れた。新約聖書の『ピリピ人への手紙』はこの町の住民に宛てられたものである。2016年ヘレニズム文化の影響を色濃く残す城壁や劇場,初期キリスト教時代のバシリカ聖堂などの都市遺構世界遺産の文化遺産に登録された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

フィリッピ(Filippoi/Φίλιπποι)

ギリシャ北東部、トラキア地方の町。古代名ピリッポイまたはピリピ。カバラの北西約15キロメートルに位置する。紀元前4世紀、タソス人の植民都市クレニデスが古代マケドニア王国の領土となり、フィリッポス2世によりピリッポイと改称された。金鉱開発が進められ、エグナティア街道要衝として発展。続いて古代ローマに支配された。新約聖書に使徒パウロが伝道で訪れたことが記されている。紀元前4世紀の劇場、ローマ時代のアゴラ、初期キリスト教時代の聖堂、司教の館などの遺跡が残っている。フィリポイ。フィリピ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

フィリッピ

マケドニアの古代都市。前358年ころフィリッポス2世がパンガイオス山の一端に建設した。前42年オクタウィアヌスとアントニウスがカエサルの暗殺者ブルトゥス,カッシウスを撃破した地。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フィリッピ【Philippi】

ギリシア北東部の古代都市遺跡。エーゲ海北岸のカバラの北西約15kmに位置。フィリッポイPhilippoiともいう。地名は前4世紀のマケドニア王フィリッポス2世にちなみ,ローマ・ビザンティン時代はエグナティア街道沿いの町として栄えた。カエサルの暗殺者ブルトゥスらが倒されたいわゆるフィリッピの戦(前42)の舞台となり,パウロが訪れて教会の人々に書簡ピリピ人への手紙》を送ったことでも知られる。古代末期から初期ビザンティン時代にかけての公共建造物(劇場,フォルムなど)や重要な教会堂の遺構が数多く発掘されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報