ピリミジンヌクレオシド

化学辞典 第2版「ピリミジンヌクレオシド」の解説

ピリミジンヌクレオシド
ピリミジンヌクレオシド
pyrimidine nucleoside

ピリミジン塩基と糖類のグリコシド結合した化合物をいう.シチジンチミジンウリジンなどはこれに含まれる.ピリミジンリボースあるいは2′-デオキシリボースの縮合した,いわゆるリボヌクレオシドあるいはデオキシリボヌクレオシドは核酸の構成成分として,また補酵素の成分として生体内に広く存在する.ピリミジンヌクレオシドヒドラジンにより分解されるので,この方法はプリンヌクレオシドと区別するのによく用いられる.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android