コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファイトアレキシン

百科事典マイペディアの解説

ファイトアレキシン

病原菌に感染した植物によって誘導的に生産される低分子の抗菌性物質の総称。エンドウのピサチン,インゲンマメのファゼオリン,ダイズのグリセオリン,ジャガイモのリシチン,イネのオリザレキシンなど,現在までに約200種以上の物質が知られている。
→関連項目エリシター

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ファイトアレキシン【phytoalexin】

phytoは植物,alexinは防御物質の意味で,植物が微生物の侵入に反応して生産蓄積する低分子の抗菌性物質をいう。ファイトアレキシンは化学物質処理や虫害などによっても生産される。K.O.ミュラーとH.ベルガーがこの言葉を用いて(1940)以来,エンドウからピサチン,サツマイモからイポメアマロンなど,多くの植物からファイトアレキシンが分離され,その化学構造が決定されている。分類学上同じ科に属する植物からは似た構造のものが見いだされる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ファイトアレキシンの関連キーワードメラニン生合成阻害剤宿主抵抗性誘導剤

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android