コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防御物質 ぼうぎょぶっしつ defensive substance

2件 の用語解説(防御物質の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぼうぎょぶっしつ【防御物質 defensive substance】

動物が他から攻撃を受けたり,刺激されたりすると,身を守るために放出する物質をいう。特に昆虫でよくみられる。昆虫は危険を探知して逃げたり,相手を攻撃したり,同種の他個体に危険の迫ったことを知らせたりするが,攻撃にさいしハチ,アリなどが刺針,大あごで行う攻撃行動と共に出す毒も防御物質の一つである。またカメムシ類,ゴミムシ類,ゲンゴロウ類,ゴキブリ類の臭腺分泌物は,防御物質としての機能を持つとみなされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デジタル大辞泉の解説

ぼうぎょ‐ぶっしつ〔バウギヨ‐〕【防御物質】

生物が他から捕食や攻撃を受けたり、刺激されたりしたときに放出する化学物質。昆虫、カエルスカンクなどの脊椎動物のほか、植物にも見られる。相手を直接攻撃したり、近くの同種に危険を知らせたりする役割をもつ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防御物質の関連キーワード受身受容器鍵刺激ぐたりごとり受動ステルス被爆武力攻撃事態後の先の攻撃

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

防御物質の関連情報