コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファイユーム遺跡 ファイユームいせきal-Fayyūm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファイユーム遺跡
ファイユームいせき
al-Fayyūm

エジプト,カイロの南西約 100kmにある新石器時代から古王国時代,さらにプトレマイオス朝にわたる遺跡。ビルケト・カールーン湖を中心にして種々の遺跡群があるが,特に新石器時代については,エジプトの標準遺跡となっている。 1924~28年イギリスの C.トムソンらが調査。大麦,小麦,鎌,石臼,すり石や,牛,羊,やぎ,豚などの骨も出土し,当時の農耕生活がしのばれる。また石鏃,骨製の銛,石槍,ブレードなどの道具のほか,壺,皿,籠,麻布,装飾品が発見されている。 (→ファイユーム文化 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ファイユーム遺跡の関連キーワードファイユームの肖像クアルン文化麻織物ナイフ織物

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android