ファイユーム遺跡(読み)ファイユームいせき(英語表記)al-Fayyūm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファイユーム遺跡
ファイユームいせき
al-Fayyūm

エジプト,カイロの南西約 100kmにある新石器時代から古王国時代,さらにプトレマイオス朝にわたる遺跡。ビルケト・カールーン湖を中心にして種々の遺跡群があるが,特に新石器時代については,エジプトの標準遺跡となっている。 1924~28年イギリスの C.トムソンらが調査。大麦,小麦,鎌,石臼,すり石や,牛,羊,やぎ,豚などの骨も出土し,当時の農耕生活がしのばれる。また石鏃,骨製の銛,石槍,ブレードなどの道具のほか,壺,皿,籠,麻布,装飾品が発見されている。 (→ファイユーム文化 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android