ファウスチナ(英語表記)Faustina, Annia Galeria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファウスチナ
Faustina, Annia Galeria

[生]104
[没]140
ローマ皇帝アントニヌス・ピウスの妻。マルクス・アウレリウス帝の伯母夫婦仲はよく,死後神格化され,彼女の名を取って貧民救済が行われた。

ファウスチナ
Faustina, Annia Galeria

[生]125頃
[没]176
ファウスチナとアントニヌス・ピウスの次女。 145年2度目の結婚で,従兄のマルクス・アウレリウス帝の妻となる。北方 (ドナウ川地方) および東方の軍事行動に帝に同行し「陣営の母」と呼ばれたが,客死した。死後神格化され,その名で下層民の子女のための教育機関が設けられ,貧民救済が行われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android