ファブリキウス・ルスキヌス(英語表記)Fabricius Luscinus, Gaius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファブリキウス・ルスキヌス
Fabricius Luscinus, Gaius

前3世紀のローマの軍人。前 282年と前 278年2度執政官 (コンスル ) に就任。前 275年戸口総監 (ケンソル ) 。前 285年タレンツムと条約を結ぶ。前 280年ヘラクレアでローマがエピルス王ピュロスに敗れたとき,交渉にのぞみ,毅然とした態度でピュロスを感嘆させ,身のしろ金なしで捕虜を釈放させた。 M.キケロらによって古代ローマ市民の典型と称賛されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android