ファントムストック

人材マネジメント用語集「ファントムストック」の解説

ファントムストック

・ Phantom Stock Options / Phantom Stock Plan
・ 実際の株式ではなく、架空の株式(ファントムストック)用いた報酬制度で、長期インセンティブの1つとして活用される。
・ ファントムストックは、中期経営計画目標達成、企業価値向上に向けての中長期的なコミットメントの向上を狙って導入しているが、企業にとっては、ストックオプションと異なり、キャッシュアウト(賞与等の労務費で処理)というデメリットがある。
・ 一方、ファントムストックが付与された従業員は、実際の株式のように、取得時点の株価と一定期間経過後の株価との評価差益を現金で受取ることが出来る。このため、社員は株価上昇のインセンティブが働き、目標達成に向けてコミットすることが考えられる。
・ ただし、企業にとってはキャッシュアウトという費用負担リスクとなるため、キャッシュアウトの抑制として、従業員への支払額に上限を設定するなどの可能性が考えられる。翻って、従業員にとっては、上限額を超えるキャピタルゲインを受取れないというデメリットとなる。
・ ファントムストックは、架空(ファントム)であるため、発行済株式数は変わらない。つまり、オプションを行使しても、実際に株式が売買されるではないので、直接的に株価に影響を与えない。尚、資本構成議決権にも影響を与えない。

出典 (株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android