コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幻の女

デジタル大辞泉プラスの解説

幻の女

1944年製作のアメリカ映画。原題《Phantom Lady》。ウィリアム・アイリッシュの同名サスペンス小説の映画化。監督:ロバート・シオドマク、出演:エラ・レインズ、フランチョット・トーン、アラン・カーティス、トーマス・ゴメスほか。

幻の女

米国の作家ウィリアム・アイリッシュ(コーネル・ウールリッチの筆名)の傑作サスペンス(1942)。原題《Phantom Lady》。「夜は若く、彼も若かったが、夜の空気は甘いのに、彼の気分は苦かった」の書き出しは有名。1944年ロバート・シオドマク監督で映画化。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

幻の女
まぼろしのおんな
Phantom Lady

アメリカの推理作家ウィリアム・アイリッシュの長編。1942年に発表した代表作の一つで、サスペンス・スリラーを得意とする作者の特徴がよく出ている。無実の罪で死刑台にあがる寸前の男を救うべく、その恋人と友人が必死に捜査活動を始める。死刑囚のアリバイを証明するたった1人の証人は、バーで会いショーをいっしょに見た奇妙なオレンジ色の帽子の女としかわかっておらず、顔つきも名前もわからない。証人たちは彼女の存在を否定、しかも次々に変死を遂げる。死刑執行時間はいよいよ迫ってくる。やがて驚くべき結末が……。時間の流れとともに、急速にサスペンスが高まっていく作者固有の手法が巧みである。[梶 龍雄]
『稲葉明雄訳『幻の女』(ハヤカワ文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

幻の女の関連キーワードソロビヨフ(Vladimir Sergeevich Solov'yov)ロバート シオドマク田中 小実昌春日山田皇女オーレリア六角精児タネール黒沼健

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android