コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

資本構成 しほんこうせい capital structure

4件 の用語解説(資本構成の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

資本構成
しほんこうせい
capital structure

広義には企業の各種資本の相互関係のことであるが,狭義には貸借対照表上の貸方項目における他人資本 (負債) と自己資本 (資本) の構成をいう。自己資本は資本金と剰余金から成っており,他人資本は長期,短期の借入金,社債,支払手形,買掛金などから成っている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しほん‐こうせい【資本構成】

企業が使用している総資本の構成内容のこと。総資本と自己資本の割合、自己資本と他人資本の割合など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しほんこうせい【資本構成】

企業の資本の構成内容。自己資本と他人資本の割合。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

資本構成
しほんこうせい

企業が使用する資本(使用総資本)の構成内容をいい、具体的には、貸借対照表に表示されている調達源泉による区分、すなわち自己資本(資本金と各種準備金の合計)と他人資本(社債、長・短期借入金=負債の合計)の構成を問題にする。資本構成を判断する指標としては、自己資本比率(自己資本÷使用総資本)、負債比率(負債÷自己資本)などの比率が使用される。
 資本構成が問題にされる理由は、使用総資本が同一であっても、資本構成によって、財務体質が異なるからである。高成長期には、負債比率が高い(自己資本比率が低い)ほうが有利であるが、低成長期には逆になる。また資本運用面である資産の構成との関連でいえば、短期借入金が固定資産に充当されるような体質であってはならない。以上の点から、自己資本比率は50%が望ましいとされてきた。[森本三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の資本構成の言及

【株式会社】より

…いわゆる間接金融方式(直接金融・間接金融)といわれるものである。これは,日本の株式会社における資本構成を悪化させ,自己資本比率20~30%の大企業が続出した。しかし,1973年のオイル・ショック以降の厳しい景気後退のなかで,多くの企業は,成長機会が相対的に小さくなったこともあって,借入れを減らし,自己資本の拡充に努めるに至った。…

【資本の有機的構成】より

…しかし資本の価値構成はもともと技術的構成の基礎のうえになりたち,両者は密接に関連しているといわなければならない。 この資本の有機的構成(略して資本構成)は,生産過程の技術的な性格によって規定されるため,産業部門によって相違する。巨大な固定設備を要するような重工業部門などでは,概して投下資本額に占める可変資本(不変資本・可変資本)の比率は低く,資本構成が高い水準にあるといわれる。…

※「資本構成」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

資本構成の関連キーワード系列企業知的資本利益計画流通センターエコロジー資本提携総資本関係式資本参加宿主-寄生体相互関係

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

資本構成の関連情報