フィスフーク遺跡(読み)フィスフークいせき(英語表記)Vishoek

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィスフーク遺跡
フィスフークいせき
Vishoek

南アフリカ共和国,ケープタウンにある洞窟遺跡。 1927~29年に発掘された,東アフリカを中心とする後期旧石器時代以降のマゴシ文化に関連する遺跡。調整石核をもつ石刃技法を基盤として,押圧剥離による各種の尖頭器,小型のナイフ形石器,彫器,削器などが,新人類オーストラロイド頭蓋骨とともに発見された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android