コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彫器 ちょうき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

彫器
ちょうき

石器の一種。刻器、ビュランburin、グレーバーgraverともよばれる。前期・中期旧石器時代にもみられるが数は少なく、後期旧石器時代、および中石器時代に盛行する。彫打もしくは刻打とよばれる打撃を加えて刃をつくることを最大の特徴とした石器で、刃は通常幅の狭いもので、骨や木に溝を彫るのに適するものである。彫器は道具をつくるための道具であり、加工具といえる。[藤本 強]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の彫器の言及

【石器】より

… 日本でも石刃技法が盛んであったが,縦長な剝片である石刃に対して横長な剝片を組織的に作りだす〈瀬戸内技法〉も編みだされた。石刃,剝片類を加工して作る石器類にナイフ形石器,切出形石器,彫器,削器,搔器,台形石器がある。ナイフ形石器は鋭い縁と先端をもつ,切る・削る道具であるが,その特徴から遺跡名のつけられた杉久保型,茂呂型,国府型ナイフがある。…

※「彫器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android