コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィトール フィトール phytol

3件 の用語解説(フィトールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィトール
フィトール
phytol

クロロフィル (葉緑素) の分解によって得られる油状の液体。沸点 203~204℃ (10mmHg) 。有機溶媒に可溶,水に不溶。ビタミンEビタミンKの合成に用いられる。ジテルペンアルコールの一種であり,クロロフィル分子中にエステルとして存在する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

フィトール

 C20H40O (mw296.54).

 クロロフィルを構成する不飽和第一級アルコールの一種.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

フィトール【phytol】

(化学式)鎖状ジテルペンアルコール,フィチルアルコールともいう。イソプレン単位が4個,頭‐尾結合をした骨格構造をもち,クロロフィル(葉緑素)の構成成分として植物界に広く存在する。クロロフィルaあるいはbをアルカリで加水分解して得ることができる。沸点203℃(9mmHg)の無色の液体。比重0.8491(25℃)。フィトールはカロチノイド,ステリン類などと同様のイソプレノイド関連物質であり,生物活性物質であるビタミンEおよびK1の合成原料として興味がもたれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フィトールの関連キーワード選べるリフィルペンデスクボールペンToffy スリムボールペンToffyタッチペン&ボールペンぺんてるペンボールPentelオリザノールジテルペンテルペンアルコールジテルペンアルコール

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フィトールの関連情報