フィトール

化学辞典 第2版「フィトール」の解説

フィトール
フィトール
phytol

3,7,11,15-tetramethyl-2-hexadecen-1-ol.C20H40O(296.54).クロロフィル分解生成分.葉緑素中にエステルとして存在するジテルペン鎖状アルコール.沸点203~204 ℃(1.3 kPa).0.850.1.463.λmax 212 nm(log ε 3.03).+0.06°(無溶媒).ビタミンE,Kの合成原料として用いられる.[CAS 150-86-7]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

栄養・生化学辞典「フィトール」の解説

フィトール

 C20H40O (mw296.54).

 クロロフィルを構成する不飽和第一級アルコールの一種

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「フィトール」の解説

フィトール
phytol

クロロフィル (葉緑素) の分解によって得られる油状の液体沸点 203~204℃ (10mmHg) 。有機溶媒に可溶,水に不溶。ビタミンE,ビタミンKの合成に用いられる。ジテルペンアルコールの一種であり,クロロフィル分子中にエステルとして存在する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「フィトール」の解説

フィトール【phytol】

(化学式)鎖状ジテルペンアルコール,フィチルアルコールともいう。イソプレン単位が4個,頭‐尾結合をした骨格構造をもち,クロロフィル(葉緑素)の構成成分として植物界に広く存在する。クロロフィルaあるいはbをアルカリで加水分解して得ることができる。沸点203℃(9mmHg)の無色の液体。比重0.8491(25℃)。フィトールはカロチノイド,ステリン類などと同様のイソプレノイド関連物質であり,生物活性物質であるビタミンEおよびK1の合成原料として興味がもたれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android