コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィトール phytol

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィトール
phytol

クロロフィル (葉緑素) の分解によって得られる油状の液体。沸点 203~204℃ (10mmHg) 。有機溶媒に可溶,水に不溶。ビタミンEビタミンKの合成に用いられる。ジテルペンアルコールの一種であり,クロロフィル分子中にエステルとして存在する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

フィトール

 C20H40O (mw296.54).

 クロロフィルを構成する不飽和第一級アルコールの一種.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フィトール【phytol】

(化学式)鎖状ジテルペンアルコール,フィチルアルコールともいう。イソプレン単位が4個,頭‐尾結合をした骨格構造をもち,クロロフィル(葉緑素)の構成成分として植物界に広く存在する。クロロフィルaあるいはbをアルカリで加水分解して得ることができる。沸点203℃(9mmHg)の無色の液体。比重0.8491(25℃)。フィトールはカロチノイド,ステリン類などと同様のイソプレノイド関連物質であり,生物活性物質であるビタミンEおよびK1の合成原料として興味がもたれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

フィトールの関連キーワードクロロフィラーゼイソプレノイドカロチノイドリナロールフィチル基蚕糞

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android