フィリップ王戦争(読み)フィリップおうせんそう(英語表記)King Philip's War

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィリップ王戦争
フィリップおうせんそう
King Philip's War

キングフィリップ戦争とも呼ばれる。 1675~76年にアメリカ,ニューイングランド地方一帯を巻込んだインディアン諸民族連合軍とニューイングランド植民地連合軍との戦い。インディアン連合軍の指導者ワムパノアグ族の大族長メタカムは,マサソイットの息子でフィリップ王と呼ばれたことからこの名が出た。 75年6月,3人の密告者インディアンの殺害をきっかけに始ったこの戦争は,ワムパノアグ族,ニプマック族,ナラガンセット族などが,白人植民者による土地侵略に耐えかねて起した徹底的抗戦で,76年春までにニューイングランドの 92の町のうち 52を攻撃し,12を壊滅させたが,マサチューセッツ,コネティカット,プリマスの諸植民地側も兵士を動員して徹底的な弾圧と殺戮を加え,同年5~8月に掃討戦に入りフィリップ王を射殺した。彼の妻と子供は捕えられ奴隷として西インドに売られた。ニューイングランドのインディアンはこの戦いで再び立上がれないほどの壊滅的打撃を受けたが,一部はカナダに逃れてフランス勢力と結びイギリス勢力に対抗した。諸植民地側の受けた打撃も大きく本国への依存を望む勢力の台頭をみた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android