コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊達 だて

11件 の用語解説(伊達の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊達
だて

福島県北東部,伊達市西部の旧町域。福島盆地にある。 1940年長岡村が伊達町となり,1956年伏黒村に編入。 1957年伏黒村が改称して町制。 2006年梁川町,保原町,霊山町,月舘町と合体して伊達市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

だて【伊達】[北海道の市]

北海道南西部、内浦湾に面する市。もと中心部は紋鼈(もんべつ)といった。明治初年に伊達支藩の亘理(わたり)藩の藩主と家臣団が入植し、その旧邸は現在、開拓記念館。野菜栽培が盛ん。平成18年(2006)3月、大滝村を編入。人口3.6万(2010)。
[補説]福島県にも伊達市があり、同名の市はこの両市と広島県府中市東京都府中市との2組だけ。

だて【伊達】[姓氏]

姓氏の一。
鎌倉から江戸にかけての御家人、大名。藤原北家の流。朝宗の時、源頼朝奥州征伐に従った功により、当時の陸奥(むつ)の伊達郡を与えられ、伊達氏を称したのが始め。のち、政宗のとき東北一の大名となった。伊予の伊達氏は分家。
[補説]「伊達」姓の人物
伊達千広(だてちひろ)
伊達正男(だてまさお)
伊達政宗(だてまさむね)
伊達宗城(だてむねなり)

だて【伊達】[福島県の市]

福島県北東部、福島盆地東半を占める市。奥州伊達氏発祥の地。モモなど果樹農業が盛ん。平成18年(2006)1月、伊達町・梁川(やながわ)町・保原(ほばら)町・霊山(りょうぜん)町・月舘町が合併して成立。人口6.6万(2010)。
[補説]北海道にも伊達市があり、同名の市はこの両市と広島県府中市東京都府中市との2組だけ。

だて【伊達】

[名・形動]
意気や侠気(きょうき)をひけらかすこと。また、そのさま。「伊達な若い衆」「男伊達
人目を引くはでな服装や振る舞いをすること。見えを張ること。また、そのさま。「伊達や酔狂ではない」
好みがしゃれていること。考え方がさばけていること。また、そのさま。粋(いき)。「伊達に着こなす」
「さすが茶人の妻、物好きもよく気も―に」〈浄・鑓の権三
[補説]人目につくようにする意の「立つ」の連用形「立て」からとも、伊達政宗の家来がはでな服装であったからともいう。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

伊達

ニッカウヰスキーが製造するウイスキーの商品名。宮城県・宮城峡蒸溜所でのみ製造される数量限定のブレンデッドウイスキー。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だて【伊達】

近世日本の美的理念〈俠〉を構成する美意識の一つ。本来,意気を競い,人の耳目をひくような派手な振舞いをすることをいう。ひいてはそのような内面の具象化としてけばけばしいまでに華美な服装をすることでもある。意味が転じて,仁俠をてらうこと,みえを張ること,〈旗本奴〉〈町奴〉と呼ばれる俠客心意気にまで変化してゆく。その語源には,伊達政宗の従士の服装が派手で人目をひいたことから等々,諸説あるが定かでない。【松田 修

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

だて【伊達】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔「人目につく」の意の「立つ」からかという〕
俠気おとこぎを見せること。また、そのために意気込むこと。また、そのさま。 「おとこ-」
人目にふれるような派手な行動をすること。また、派手なふるまいなどで外見を飾ること。また、そのさま。 「 -に英語を学んだわけではない」 「 -や粋狂でいっているのではない」
好みが粋であるさま。 「さすが茶人の妻、物ずきもよく気も-に/浄瑠璃・鑓の権三
[句項目]

だて【伊達】

北海道南西部、内浦湾に臨む市。水産業・野菜栽培・酪農のほか、製糖・農機具の製造が盛ん。観光地また、保養地・海水浴場としても知られる。
福島県北東部、福島盆地にある市。鎌倉・室町期、伊達氏の本拠地で、梁川やながわ城、高子ヶ岡舘たかこがおかたてなどの居城跡がある。稲作、果樹栽培が中心。製糸・製材業も多い。福島市に隣接し、都市化も進む。

だて【伊達】

姓氏の一。鎌倉から江戸にかけての御家人、大名。藤原北家流伊佐朝宗が頼朝の奥州征伐での戦功で陸奥国伊達郡を与えられたことに始まる。江戸期に入ると仙台に拠を移して六二万石を領した。伊予国宇和島の伊達氏は政宗の長男秀宗が祖。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊達
だて

福島県中通(なかどお)り地方北部、伊達郡にあった旧町名(伊達町(まち))。現在は伊達市の西部を占める地域。福島盆地の中央にあり、地域には大きな山地がなく、中央を北流する阿武隈(あぶくま)川の氾濫(はんらん)原と段丘面が広がる。1940年(昭和15)長岡村が町制施行して伊達町となったが、1956年伏黒(ふしぐろ)村に編入、1957年町制施行してふたたび伊達町となる。2006年(平成18)梁川(やながわ)、保原(ほばら)、霊山(りょうぜん)、月舘(つきだて)の4町と合併して市制施行、伊達市となった。かつては養蚕と蚕種製造で知られたが、現在はモモやリンゴ、サクランボの果物の生産が卓越する。座繰(ざぐり)製糸が盛んな時代には、天王様(てんのうさま)(八雲(やくも)、熱田(あつた)両神社)の祭礼には糸市(いち)が立った。箱崎の獅子舞(ししまい)は県の無形民俗文化財。交通の一核心であり、明治中期には軽便鉄道や路面電車の基地があった。JR東北本線と国道4号、399号が通り、工業的にもみるべきものがある。西に接する福島市への通勤者も多く、人口も増えている。[渡辺四郎]
『『伊達町史』全8冊(1985~2001・伊達町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊達の関連情報