コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミレスク ミレスクMilescu, Nicolae (Spǎtar)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミレスク
Milescu, Nicolae (Spǎtar)

[生]1636. モルドバ,バスルイ近郊
[没]1708. モスクワ
モルドバ公国出身の政治家,文学者。コンスタンチノープルで勉学ののち,首都ヤシへ帰り,軍長官に任命されたが,王位をねらった計画が露見して,1668年鼻切りの刑に処され,国外へ亡命。 71年ロシアへ行き,外務省で翻訳官の地位を与えられた。 75年に北京へ使節団団長として派遣され,78年にモスクワへ帰還。この旅行中の体験と見聞をもとに書かれた『トボリスクから中国国境までのシベリア王国旅行記』 Puteshestvie tsarstva Sibir'skogo ot goroda Tobol'ska i do samogo rubezha gosudarstva Kitaiskogo (1675執筆,1882刊) ,『中国紀行記または使節団報告書』 Kitaiskaya kniga,ili Stateinyi spisok posol'stva (1675~78執筆,1906刊) は,当時のシベリア,中国の自然,社会制度,風俗を知る貴重な文献。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミレスク
みれすく
Nicolae Milescu Sptarul
(1636―1708)

ルーマニア出身の文人、政治家。のちにロシアの外交官となる。イスタンブール東方正教会総主教府付属の神学校に学び、帰国後、モルドバ公国軍司令官に任命された。この間に、『旧約聖書』、他の宗教文献などをギリシア語から翻訳した。1668年に公国君主の地位をねらって失敗し、ロシア皇帝の庇護(ひご)を求めてモスクワに赴いた。75年に中国(清(しん)国)への外交使節の団長に任命され、シベリアを経由して4年間にわたる困難な旅と外交交渉を体験。帰国後執筆した『中国への旅の記録』『中国地誌』は、当時のシベリア、清国の風俗・自然の克明な描写を含む、優れた紀行文学として、今日も読まれている。[直野 敦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ミレスクの関連キーワード一柳直盛ビベロ・イ・ベラスコ九戸城称念寺池田宗旦英勝寺閻若璩狩野常信北島雪山後金

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone