コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミレスク ミレスク Milescu, Nicolae (Spǎtar)

2件 の用語解説(ミレスクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミレスク
ミレスク
Milescu, Nicolae (Spǎtar)

[生]1636. モルドバ,バスルイ近郊
[没]1708. モスクワ
モルドバ公国出身の政治家,文学者。コンスタンチノープルで勉学ののち,首都ヤシへ帰り,軍長官に任命されたが,王位をねらった計画が露見して,1668年鼻切りの刑に処され,国外へ亡命。 71年ロシアへ行き,外務省で翻訳官の地位を与えられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミレスク
みれすく
Nicolae Milescu Sptarul
(1636―1708)

ルーマニア出身の文人、政治家。のちにロシアの外交官となる。イスタンブール東方正教会総主教府付属の神学校に学び、帰国後、モルドバ公国の軍司令官に任命された。この間に、『旧約聖書』、他の宗教文献などをギリシア語から翻訳した。1668年に公国君主の地位をねらって失敗し、ロシア皇帝の庇護(ひご)を求めてモスクワに赴いた。75年に中国(清(しん)国)への外交使節の団長に任命され、シベリアを経由して4年間にわたる困難な旅と外交交渉を体験。帰国後執筆した『中国への旅の記録』『中国地誌』は、当時のシベリア、清国の風俗・自然の克明な描写を含む、優れた紀行文学として、今日も読まれている。[直野 敦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミレスクの関連キーワードモルダビアモルドバ語バスタキアモルドビツァ修道院モルドビアバールドバイオールドバラ音楽祭モルドバ[国]モルドバ人モルドバ族

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone