フィリピン鷲(読み)フィリピンワシ

デジタル大辞泉の解説

フィリピン‐わし【フィリピン×鷲】

ワシタカ目ワシタカ科の鳥。フィリピンの森林にすみ、主としてサルやヒヨケザルなどを捕食する。森林伐採などが原因で、その数は著しく減少している。フィリピンイーグル。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

フィリピンわし【フィリピン鷲】

タカ目タカ科の猛鳥。翼を開くと2メートルに及ぶ。背面は黒褐色、腹面は白く、冠毛がある。サル・ムササビなどを食べ、家畜の子なども襲う。フィリピンのミンダナオ島などに生息するが数が少なく、絶滅の恐れがある。国際保護鳥。かつてはサルクイワシと呼んだ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

フィリピン‐わし【フィリピン鷲】

〘名〙 タカ科の最大のワシ。翼開長は二・四メートルに達する。くちばしは大きくて鋭く、目は青色。全体に褐色を帯び、尾は長い。カニクイザルや大形の鳥を捕食し、時には家禽家畜も襲う。フィリピンのルソン・サマル・ミンダナオ島の特産で熱帯林にすむ。近年減少が著しく、一〇〇羽以下しか生き残っていない。フィリピンの国鳥

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android