コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国鳥 こくちょう national bird

6件 の用語解説(国鳥の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国鳥
こくちょう
national bird

国のシンボルとして選ばれた鳥。その国の代表的な鳥,あるいは特産の鳥が国鳥に選ばれ,鳥類保護思想の普及に一役買っている。日本のキジ,アメリカハクトウワシイギリスロビンオーストラリアコトドリニュージーランドキーウィデンマークヒバリオーストリアツバメオランダヘラサギスリランカセイロンヤケイインドのインドクジャク,ベルギーチョウゲンボウなどがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こく‐ちょう〔‐テウ〕【国鳥】

国を代表するものとして選ばれた鳥。日本ではキジ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

国鳥【こくちょう】

国のシンボルとされている鳥。米国で1782年,議会がハクトウワシを国鳥に選んだのが始まり。日本では1947年日本鳥類学会第81回例会でキジが選ばれた。1960年に東京で開かれた第12回国際鳥類保護会議の決議から,各国で正式に国鳥を定めるようになり,鳥類保護の精神を普及するため重要な役割を果たしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こくちょう【国鳥】

国のシンボルとして選ばれた鳥。国民にもっともよく親しまれている鳥,あるいは特産のもののなかから選ばれる。しかし,本来の目的が鳥類に関心をもたせ,鳥類保護の思想を普及させるためなので,選定の方法や基準が定まっているわけではない。国鳥を最初に定めたのはアメリカで,1782年に特産のハクトウワシが議会により選定された。日本では1947年に日本鳥学会第81回例会でキジが選定された。その選定理由には,キジが日本特産であるだけでなく,童話,文学,芸術などで親しまれ,勇気と母性愛に富むという点などがあげられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こくちょう【国鳥】

その国のシンボルとして選ばれた鳥。日本ではキジ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国鳥
こくちょう
national bird

国のシンボル、象徴にしている鳥。鳥類保護の思想を広めるために定められていることが多く、実際にその点で役だっている。その国を代表する鳥、国民に親しまれている鳥、その国の特産種などであることが多い。1782年アメリカ合衆国が、議会でハクトウワシ(白頭鷲)を国鳥に制定したのが最初で、日本では1947年(昭和22)に、日本鳥学会の第81回例会でキジが選ばれ、現在に至っている。これはその年の4月10日に第1回の愛鳥日(バードデー)が設けられ、野鳥保護運動が始まるにあたって、愛鳥の旗印となる鳥を選ぼうとの意味からであった。キジに決まった理由は、緑色のキジは日本の特産であること、留鳥で一年中みられること、山奥へ行かず人家の近くでみられること、姿が美しく古くから民話などで子供たちにも知られていること、などである。日本ではこのほか、県の鳥、市の鳥などを選定しているところ少なくない[柳澤紀夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国鳥の関連キーワードシンボルエレクトロンボルトフンボルト大学シンボルマークステータスシンボルセックスシンボルシンボルカラーPICシンボルフンボルトペンギンシンボルツリー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国鳥の関連情報