コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィロソマ フィロソマphyllosoma

2件 の用語解説(フィロソマの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィロソマ
phyllosoma

軟甲綱十脚目イセエビ科とウチワエビ科の初期幼生。扁平葉状で半透明。孵化直後の体長は 1.5~3mm。体は,(1) 卵円形の甲に覆われた頭部と第1胸節,第2胸節,(2) 円盤状の胸部,(3) 小さい腹部,の 3部分に分かれる。(1)はノープリウス眼(→ノープリウス),有柄の一対の複眼,棒状の第1触角,第2触角をもち,(2)には細長い遊泳用の 4胸脚が発達している。浮遊生活をするが,脱皮を繰り返しながらの期間が長く,プランクトンネットで採集したものの種の同定は困難である。アメリカ合衆国,オーストラリア産の種については,9~10ヵ月間に 11期を経てプエルルスに成長するという報告があり,日本産のイセエビでも,孵化後ちょうど 1年かかってプエルルスまで成長する。実験的にはさらに稚エビに変態させることに成功しているが,商業的な多数個体の飼育は研究中である。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone