コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェアチャイルドリパブリックA-10サンダーボルトII フェアチャイルドリパブリックエーじゅうサンダーボルトツーFairchild Republic A-10 Thunderbolt II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェアチャイルドリパブリックA-10サンダーボルトII
フェアチャイルドリパブリックエーじゅうサンダーボルトツー
Fairchild Republic A-10 Thunderbolt II

1970年代初めアメリカ合衆国のフェアチャイルドが敵機甲部隊の攻撃用に開発した地上攻撃機。 1976年に部隊配備が始まった。速度性能を犠牲にしても戦場支援能力に重点がおかれ,固定武装として機首に 30mmガトリング機関砲という重火器を装備,クラスター爆弾,マベリック・ミサイル,レーザー誘導爆弾,ナパーム弾ロケット弾などの対地攻撃兵器を搭載する。また地上砲火から機体とパイロットを守るため,主要部に装甲板を装着,不時着に備えて車輪が格納状態でも主翼から半分露出する設計になっている。史上最強のタンクキラーといわれ,戦車にとっては脅威となる存在で,湾岸戦争ではイラク軍地上部隊に対して大きな戦果を上げた。乗員1,全長 16.26m,全幅 17.53m,総重量 22.6t,最大速度時速 706km,航続距離 4200km。武装 30mmガトリング機関砲1,ミサイル,爆弾など 7.3t。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フェアチャイルドリパブリックA-10サンダーボルトIIの関連キーワード黒人問題鉄鋼業佐藤栄作内閣アラバール多国籍企業野村芳太郎フー[各個指定]芸能部門アモン・デュールアルトマン(Robert Altman)

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android