コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェアチャイルドリパブリックA-10サンダーボルトII フェアチャイルドリパブリックエーじゅうサンダーボルトツー Fairchild Republic A-10 Thunderbolt II

1件 の用語解説(フェアチャイルドリパブリックA-10サンダーボルトIIの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェアチャイルドリパブリックA-10サンダーボルトII
フェアチャイルドリパブリックエーじゅうサンダーボルトツー
Fairchild Republic A-10 Thunderbolt II

1970年代初めアメリカ合衆国フェアチャイルドが敵機甲部隊の攻撃用に開発した地上攻撃機。 1976年に部隊配備が始まった。速度性能を犠牲にしても戦場支援能力に重点がおかれ,固定武装として機首に 30mmガトリング機関砲という重火器を装備,クラスター爆弾,マベリック・ミサイル,レーザー誘導爆弾,ナパーム弾ロケット弾などの対地攻撃兵器を搭載する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フェアチャイルドリパブリックA-10サンダーボルトIIの関連キーワードアングロアメリカ北アメリカアメリカン合衆国ネブラスカ米利堅亜米利加アメリカ連合国アメリカ合衆国最高裁判所アメリカ合衆国陸軍士官学校

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone