コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェティス フェティスFétis, François-Joseph

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェティス
Fétis, François-Joseph

[生]1784.3.25. モン
[没]1871.3.26. ブリュッセル
ベルギーの音楽学者,オルガニスト,作曲家。パリとウィーンの音楽院で学び,1821年パリ国立音楽院の教授,33年ブリュッセル音楽院の院長に就任。音楽学の雑誌『ルビュ・ミュジカル』を創刊するほか,数多くの著書を残したが,特に8巻本の『音楽家辞典』 Biographie universelle des musiciens (1837~44) と5巻本の『音楽史』 Histoire générale de la musique (69~76) が有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フェティス【François‐Joseph Fétis】

1784‐1871
ベルギーの音楽学者。批評,作曲も手がけた。音楽教育の仕上げをパリ音楽院で受け,卒業後しばらくドゥエでオルガン奏者を務めたのち,1821年パリ音楽院の作曲教授となり,27年同校図書館司書に任命される。同年,音楽雑誌《ルビュ・ミュジカル》を創刊する。33年ブリュッセルの音楽院長となり,王室礼拝堂の楽長にも任じられた。批評家としてフェティスは,時代を鋭敏にとらえる姿勢を欠き,しばしばベルリオーズの嘲笑を買ったが,それだけ彼のまなざしが過去に向けられていたというべきであろうか。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のフェティスの言及

【調性】より

…今日一般に調性といった場合,狭義の機能和声的調性を意味する場合が多い。調性という言葉は1821年フランスの著述家カスティル・ブラーズCastil‐Blazeによって最初に用いられたが,先に述べた広・狭義の調性概念はフェティスの1844年の論文によって確立された。
[機能和声的調性]
 機能和声は長調・短調の全音階に基づいており,そこから3度音程で構成される3和音(和音)相互の機能関係から成っている。…

※「フェティス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フェティスの関連キーワードメンデルスゾーン:練習曲 ヘ短調/piano soloシャルル・マリー ヴィドールアフリカの女ウィドール

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フェティスの関連情報