コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェナジン フェナジン phenazine

2件 の用語解説(フェナジンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェナジン
フェナジン
phenazine

化学式 C12H8N2 。融点 171℃の結晶。水に不溶,アルコールにやや溶け,エーテルベンゼンに可溶。フェナジン骨格をもつ色素,染料群が知られている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

フェナジン【phenazine】

無色(希エチルアルコールを用いて再結晶したもの),または淡黄色(エチルアルコールを用いて再結晶または昇華したもの)の結晶。ジベンゾピラジンジベンゾパラジアジンアゾフェニレン,5,6‐ナフトジアジンなどとも呼ばれる。融点171℃。種々の製法があるが,アニリンを赤熱管に通じても得られる。水にはほとんど不溶だが,アルコール,ベンゼンなどにやや溶ける。酸にはよく溶けて黄色ないし赤色溶液となる。フェナジンはアジン染料の骨格として重要である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フェナジンの関連キーワードアントラセンカルビノール酢酸エチル酒精剤セチルアルコールエチル臭化エチルセリルアルコールビベンジルミリスチルアルコール

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フェナジンの関連情報