コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェリクス2世 フェリクスにせいFelix II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェリクス2世
フェリクスにせい
Felix II

[生]?
[没]365.11.22. ポルト
教皇リベリウス(在位 352~366)の対立教皇(在位 355~365)。元は助祭長(→助祭)であったが,ローマ皇帝コンスタンチウス2世(在位 337~361)がリベリウスを追放したのち,正規の手続きを経ず教皇座についた。357年5月,リベリウスを慕っていたローマの信者らが,真の教皇を呼び戻すようコンスタンチウス2世に要求した。皇帝は 2人がともに教皇座につくことを画策したが,リベリウスが復位し,フェリクス2世はローマ近郊のポルトに退くことになった。生前はローマ市民の怒りを買ったが,死後,よい教皇と評価された。偽造文書に基づいたローマ殉教者名簿の誤りにより聖人とされてきたが,今日では "Annuario Pontificio"に対立教皇と記載されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フェリクス2世の関連キーワード一致令

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android